カテゴリ:猫と暮らす( 4 )

猫と暮らす 3

猫との暮らしは、楽しいことばかり。
ですが…つらいこともあります。

先日、我が家の愛猫『ジミ』が往きました。15歳3ヶ月。

結婚して、子どもたちよりも先に家族になったジミ。

長い間、楽しい日々をありがとう。

a0210340_18345438.jpg





















少し現実的な話をいたします。

その後…どう葬るのか。


一般的には以下の場合が多いかと思います。

1.公共の火葬場に持ち込む。(合同火葬、返骨なし)

2.民間のペット葬儀業者に依頼。(個別火葬、返骨有りなど、様々なプラン)

3.私有地内に埋葬。


我が家は、皆で話し合った結果『3』を選びました。


じーじの畑の片隅に埋葬しました。

そこに、ジミの誕生日頃に花が咲く『モクレン』を植えました。


子どもたちも命の尊さについて考えることができたことでしょう。

ジミ、安らかに。さようなら。

a0210340_18345408.jpg


















――ジミとの思い出

a0210340_18423736.jpg





 












a0210340_18451303.jpg





















a0210340_18443216.jpg
















a0210340_18345588.jpg
















a0210340_18451416.jpg





















a0210340_18443236.jpg
















a0210340_18443253.jpg


























a0210340_18345521.jpg
















a0210340_18451330.jpg
















a0210340_18491232.jpg





















a0210340_18451336.jpg
















a0210340_18443240.jpg
















a0210340_18451470.jpg





























a0210340_18443248.jpg
















a0210340_18415113.jpg




















a0210340_18345594.jpg
















a0210340_18345690.jpg


















a0210340_18345462.jpg
















翠建築設計室

〒929-0327

石川県河北郡津幡町庄ト1-22

tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム

■ 資料請求・お問い合せmailはこちら

■ 設計室のFacebookページ 


by DesignRoomOT3 | 2018-08-12 19:15 | 猫と暮らす | Comments(0)

猫の日


今日は仕事場で流しているラジオから、何か猫の話や鳴き声ばかり聞こえるなーと思っていたら、2月22日は『猫の日』だそうです。


猫は高い所が好き。

我が家の猫達も、日中はロフトや子ども達のベッドの上段で過ごしています。

写真はもうすぐ15歳になるジミ。

ロフトのはしごは登れますが、降りるのがしんどいらしく「にゃーん(おい、降ろしてくれ)」と僕を呼びます。

そして、食事やトイレを済まし、またロフトへ...しばらくすると気持ちの良さそうな寝息が聞こえてきます(笑)

そんな猫と暮らす日常。

a0210340_08132333.jpg

















【金沢市内にてオープンハウス開催します! 3月10日(土) 10:00~18:00】

 

翠建築設計室

〒929-0327

石川県河北郡津幡町庄ト1-22

tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム

■ 資料請求・お問い合せmailはこちら

■ 設計室のFacebookページ 


by DesignRoomOT3 | 2018-02-22 20:00 | 猫と暮らす | Comments(0)

猫と暮らす 2

猫と暮らす上で、やっぱり心配なことはトイレの置き場ではないでしょうか?

かわいい猫でも、当然ですがかなりニオイいます...

写真は、以前設計させていただいたお家の猫トイレの入り口。

左下の"トムとジェリーのあの穴"みたいなところをくぐった先に置いてあります。

階段下のスペースを利用しました。

中は収納としても使用していますが、トイレ近くに換気扇も設置し常時換気されていますので、ニオイがこもることはありません。

常に負圧(風下)になるところに猫トイレを設置するのがポイントです。


常時換気されている家のトイレにスペースがあるようであれば、入口ドアにペットドアを取り付けるのも有りだと思います。

それであれば、新築など工事を伴わない場合でも、少しドアを加工するだけで解決します。


ちなみに我が家は、寝室のちょっとしたスペース(大きめのケージ程度)にこのような仕組みで設置しています。

すでに飼われていてトイレ置き場に困っている方も、少しの工夫や改修で解決する場合が多いです。

とにかくトイレは、快適に猫と暮す大切な要素です。僕も猫のトイレを掃除しながら日々研究中です(笑)

a0210340_18364673.jpg


























 

翠建築設計室

〒929-0327

石川県河北郡津幡町庄ト1-22

tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム

■ 資料請求・お問い合せmailはこちら

■ 設計室のFacebookページ 


by DesignRoomOT3 | 2018-01-09 19:28 | 猫と暮らす | Comments(0)

猫と暮らす 1

空前の猫ブーム?という新聞記事をしばらく前に読みました。

たしかに最近の建築雑誌でも、猫との暮らしを特集したものが多いです。犬も多いですが。

つまりペットと暮らす方が多くなっているのは実感します。


我が家も猫2匹と暮らしています。まずは紹介を。

写真手前の大きめのがジミ(オス)14歳、そして奥に見えるのがジャニス(メス)1歳です。


とくにジミは、我が家を建てる前からの家族。

自宅の設計をする際にも、猫と快適に暮らすためのアイディアを試行しました。
成功したこと、失敗したこと、いろいろあります。

それらの実例や、自身の経験を活かして猫飼いのお客様のお家の設計で実施したこと。

これからしたいこと。そして猫との素晴らしい日々...
そういったことを不定期ですが、新しく連載したいと思います。

a0210340_18023565.jpg















 

翠建築設計室

〒929-0327

石川県河北郡津幡町庄ト1-22

tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム

■ 資料請求・お問い合せmailはこちら

■ 設計室のFacebookページ 


by DesignRoomOT3 | 2017-12-26 19:28 | 猫と暮らす | Comments(0)