建物ができるまで

建物ができるまでの流れは以下のようになります。
新築住宅を例にしておりますが、その他の建物やリノベーションであってもおおよそこのような流れになります。

1.お問い合わせ

まずはメールや電話、メッセージなどによりお気軽にご連絡ください。
設計だけではなく、敷地や法令、施工など建築に関することは何なりとご相談ください。

2.ヒアリング・ご面談

プランニングする上で、お客様のお人柄や雰囲気も非常に重要な要素であるため、ヒアリングは基本的にお会いして行っております。
具体的な要望は有っても無くてもかまいません。気になることや趣味のお話などいろいろお聞かせください。
具体的な資料(要望事項、ご予算、敷地図、気に入った住宅の写真など)がある場合はぜひお持ちください。
これまでの実例なども紹介させていただき、価値観や方向性が見えてきましたら次のステップへまいります。

3.現地調査・プランニング

ヒアリング後、現地調査を行います。周辺環境や法的な条件をクリアした上で、頂いたご要望をどのように落とし込むか整理していきます。
プランニングには2~4週間ほど頂いております。

4.初回プレゼンテーション

プレゼンテーションでは、1/100平面スケッチ、インテリアスケッチ、1/100模型を提出し、わかりやすくご説明いたします。
プレゼンテーションはプレゼント。すべてお持ち帰りいただいて、じっくりお考えください。
ご不明な点や気になる点がございましたら納得がいくまでお尋ねください。
この初回プレゼンテーションまでは無料とさせていただいております。

5.基本計画・契約

初回プレゼンテーション及びその後の打合せにてご納得いただけましたら、契約を前提に基本計画を更に練っていきます。
打合せとプレゼンテーションを繰り返し、カタチにしてまいります。
おおよそプランが固まった時点で『設計監理委託契約』を結んでいただきます。
設計監理報酬は面積と難易度によって決まります。
木造在来工法の住宅の場合は16,000円/㎡(税抜)が目安となります。
着手時:25%
実施設計完了時:25%
建方時:20%
完成引渡し時:30%
の4回に分けてお支払いいただいております。
基本計画が固まるまではお客様によってかなりバラつきがありますが、2~6ヶ月ほど要します。

※契約業務内容には設計業務、工事監理業務、インテリアコーディネート、確認申請手続き業務が含まれます。
※地盤調査費(約5万円)は別途となります。
※設計監理業務報酬は『H31国交省告示第98号及びこれに関する住宅局長通知に基づく算定方法』を元に算出しております。

6.基本設計・概算見積り

基本計画が固まりましたら、基本設計・見積り図面の作成に入ります。
2~3週間ほどで見積りができる図面を手早く用意し、信頼のおける工務店様へ見積りを依頼いたします。
見積り期間は通常2~3週間です。
この段階で概算見積りを行うことにより、早めに工事費及び総予算を把握することができます。

7.実施設計

予算を調整しながら、より詳細な設計を進めてまいります。
打合せを繰り返し、具体的な仕様もこの時点で決定いたします。
3Dモデリングによる設計手法を用いますので、CGパースや日射シミュレーションなどもご覧頂きます。
この期間には2~3ヶ月を要しますが、実施設計完了時にはすでに工事金額の詰めも終わっていますので、すぐに工事請負契約と確認申請の準備に入ります。

8.工事請負契約・着工

お客様と工務店様との間で工事請負契約を結んでいただき、いよいよ着工となります。


9.工事中・工事監理

工務店の現場管理とは別に、設計者による工事監理があります。
設計図面通りに施工されているか、技術的な打合せや法的なチェックをおこないます。
お客様との現場打合せもあります。
最終的な色決め、コンセントやスイッチの位置など使い勝手の確認などいたします。
工事期間は一般的な木造在来工法の住宅で5~6ヶ月です。

10.完成・お引渡し

建物が完成いたしましたら、行政庁や検査機関の法的な検査を受けます。
その後、設計者などによる引渡し前のチェックをおこない不具合など手直し後、お引渡しとなります。

アフターケア

実際にお住いになると、メンテナンスやお庭のことなど気になる点が出てくると思います。
どんな時でもお気軽にご連絡ください。
もし、完成時には見えなかった不具合などが出てきた場合は、責任を持って対応いたします。
また、住まわれてからの暮らしぶり、新しい発見などもぜひお聞きかせください。
建てるまでが我々の仕事ではありません。
末永くお付き合いさせていただきます。