OKM 床暖房工事

実家のリノベーション。じーじの奮闘記です。

水まわりの更新が主目的ですが、温熱環境の改善とバリアフリー化も優先課題です。

無断熱の建物でしたので、床組は全てやり直し。

現代の工法同様、防湿コンクリートを打ち、床の断熱材も入れました。

断熱材はポリスチレンフォームt30mm×2。60mm1枚じゃないところがポイント。

コストバランスと、DIYでのやり易さを考慮しての選択です。

父は楽しみながら?カッターで断熱材を切り、しっかりと充填していました。

a0210340_18450370.jpg
















大工さんに構造用合板を張ってもらい、次工程は床暖パネルの敷設。

父と墨出しをしました。墨つぼを触ったのは何年ぶりだろう…


そして、床暖パネルが敷設されました。

この上にフローリングが張られます。

「釘が打てるのは青いラインのみ、赤いライン上は絶対に打たないでください。」と職人さんから説明を受けた父。

後で確認してみると、ちゃんと理解しているようで、ちょっと安心(笑)

a0210340_18450338.jpg
















 

翠建築設計室

〒929-0327

石川県河北郡津幡町庄ト1-22

tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム

■ 資料請求・お問い合せmailはこちら

■ 設計室のFacebookページ 


by DesignRoomOT3 | 2018-07-18 19:14 |  住宅_OKM | Comments(0)