YSD 猿頬縁とペンダント

a0210340_17551321.jpg和室のペンダント照明です。

棹縁天井の場合、どうしても部屋の中心の照明を取り付ける位置に棹がきます。なので、照明はおのずと棹に取付けることに。照明器具の部分は直径7~8cm程度あるので、そのまま取り付けると、どうしても棹からはみ出てしまいます。

特に今回はシャープな形状の猿頬縁にしてもらったので、そのまま取り付けるのはかなり違和感がありそうです...そこで、大工さんに照明器具の取り付け部よりひと回り大きい台座を作って頂きました。
綺麗に納まっています。ありがとうございます。

by DesignRoomOT3 | 2012-11-19 18:14 | 設計室 | Comments(0)

YSD チェッカーガラス

a0210340_17444591.jpg子世帯の食器棚です。

戸棚の扉にはチェッカーガラスを入れました。
オイル塗装仕上げと相まって、新しいのにどこか懐かしい風合いに。


今週末の日曜日には工務店さん主催による完成内覧会も予定されています。
場所は津幡町の中心部です。
お近くにおいでた際には是非お立ち寄りください。

by DesignRoomOT3 | 2012-11-05 18:30 | 設計室 | Comments(0)

YSD 塗装工事

a0210340_8405634.jpgLDKは再生紙クロスにペンキ塗りです。

うすいクリーム色で仕上げます。

by DesignRoomOT3 | 2012-11-02 08:43 | 設計室 | Comments(0)

YSD 内装工事

a0210340_18503428.jpg工事も内装仕上げ段階に入ると、現場を訪れる度に様子が変わっていて楽しいです。

今日はクロス屋さんが作業中。
貼り終わっている部屋もありました。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-29 18:55 | 設計室 | Comments(0)

YSD 境目

a0210340_22472036.jpg親世帯の和室(茶の間)と台所の境目。
日頃はオープンで使用するこの2室ですが、それぞれ木部の塗装仕上げが違います。
和室は白木のワックス(手垢止め)仕上げで、台所はクリア塗装です。

境界線はこの3mmの底目地で。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-24 22:54 | 設計室 | Comments(0)

YSD 塗装工事

a0210340_18133860.jpg子世帯の木部塗装はオイルフィニッシュ。
写真は2回目を塗った直後なのでツヤがありますが、仕上がりはツヤ消しになります。
適度なムラがよい感じです。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-23 18:18 | 設計室 | Comments(0)

YSD 和室造作

a0210340_2232228.jpg完成した竿縁イナゴ天井です。

お茶の間として普段使いされる和室なので、ほっそりとした猿頬縁(さるぼおぶち)とし、あまり重くならないようにしました。

「真」「行」「草」などと分類されたりする和室の意匠ですが、あまりこだわりなく住まわれるご家族のスタイルに沿うようにデザインすべきだと思っています。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-19 22:21 | 設計室 | Comments(0)

YSD 和室造作

a0210340_19535796.jpg竿縁イナゴ天井』という昔からよくある和室の天井。
今では一般住宅の新築ではあまり見かけなくなりましたね。

すでに伝統的意匠なのかも。僕も久しぶりに図面に描いたような気がします。
ただ、現代的意匠になるよう部材寸法は調整しています。

その天井の廻り縁猿頬縁の彫り込みを施す大工さんです。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-11 20:19 | 設計室 | Comments(0)

YSD 外壁吹付

a0210340_18311531.jpg外壁はスタッコ吹付です。

思った通りのやさしい色に吹き上がっていました。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-09 18:33 | 設計室 | Comments(0)

YSD 造作工事

a0210340_18425069.jpg壁・天井のボード張りも始まり、部屋のカタチがはっきりと分かるようになってきました。

by DesignRoomOT3 | 2012-10-01 18:45 | 設計室 | Comments(0)