KTM 完了検査

a0210340_22274383.jpg確認申請通りに建物が建てられているか、建築基準法に適合しているか、などを検査する『完了検査』が行われました。
書類審査も完璧でした。もちろん指摘事項なしで合格です!
㈱長坂組のM監督さん、ありがとうございました。

300坪近い建物ですが、内装工事や建築設備がほとんどないため、着工から2ヶ月ちょっとで竣工。あっという間でしたが、この日を迎えるためにいろいろなハードルがありました...と思い出に耽るにはまだ早いです。
明日は金沢市消防局による消防設備の検査が行われます。そこを合格してようやく産業機械の設置業者さんへ引渡しができます。

by DesignRoomOT3 | 2012-06-26 22:52 | 設計室 | Comments(0)

KTM 広いです

a0210340_1713232.jpg土間コンクリートも打たれ、建築工事としての屋内はほぼ完成です。

それにしても広いです。
雨の日のマラソン練習にちょっといいな...なんて考えてしまいました(笑)

ひとまず6月いっぱいで建物は完成で、僕たちの仕事は終わりです。
その後、肝心な生産機械が組立てられていきます。

by DesignRoomOT3 | 2012-06-12 17:33 | 設計室 | Comments(0)

KTM 鉄骨建方

a0210340_18435854.jpg先週から鉄骨建方が行われています。

プランは単純明快。

21m×45mの巨大1室空間です!

by DesignRoomOT3 | 2012-05-29 19:02 | 設計室 | Comments(0)

KTM 基礎コンクリート

a0210340_18113066.jpg先週は鉄筋が見えていた基礎ですが、すでにコンクリートが打ち込まれ型枠が外されていました。

このあと掘った土を埋め戻して整地し、いよいよ鉄骨建方です。

by DesignRoomOT3 | 2012-05-15 18:33 | 設計室 | Comments(0)

a0210340_1924297.jpg今日は定例打合せでした。

現場は基礎の鉄筋も組み上がり、コンクリートを流し込むための型枠を組み立てる作業が行われています。
うまくいけば今週末にコンクリートを打設できるとのこと。


建物内に設置される生産設備の最終レイアウトが決まったので、定例打合せ後に関係当局へ出向いて報告と打合せ。
もちろん生産設備の設計までしてるわけではありませんが、設置後に建築関係法令に抵触しないよう調整するのも設計者の大切な業務です。

by DesignRoomOT3 | 2012-05-08 19:36 | 設計室 | Comments(0)

KTM 基礎工事

a0210340_1943235.jpg基礎工事が始まりました。

by DesignRoomOT3 | 2012-04-23 19:45 | 設計室 | Comments(0)

KTM 鎌・鍬・鋤

a0210340_18284385.jpg今日は地鎮祭でした。

住宅など親族で執り行なう地鎮祭の場合は、簡略的なものが多いですが、今回は生産施設の増築工事。
多くの関係者が参列するため式次も多くなり、『 鎌・鍬・鋤(地鎮の儀)』を行うと事前に連絡がありました。

地鎮祭は何度も経験していますし、地鎮の儀も珍しくありません。ただ、"自分でしたことがありません"でした。
「確か設計者は鎌入れの儀だったな・・・えい!えい!えい!」とイメージトレーニングをしながら現地へ向かいます。

式典30分前到着は、会社勤め時代からの鉄則。
神主さんと注連縄に紙垂を付けながらお客様を待とうと思っていましたが、すでにイベント会社の方が設営をされていました。

なるほど。



そして、地鎮祭が始まりました。

a0210340_18283911.jpg滞り無く祭典は進められ、いよいよ地鎮の儀。
鎌入れは一番最初です。「よしきた!」と構える僕。がしかし、呼ばれた名前は僕じゃない...あれ?と、一瞬思いましたが、誰がどれをするかは地方性などもあり、特に決まっていないということを思い出しました。しかし、鎌以外のイメージトレーニングをしてこなかった僕は軽くパニック。
そしてまわってきたのは想像もしていなかった『鋤入れの儀』でした。もうお手上げです。聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥、これも折角の機会だと思い、正直に「すみません、僕は初めてする者で、教えていただけますか?」と神主さんにお聞きしました。

神主さんに丁寧に教えていただき、「えい!えい!えい!」と無事役目を終えることができました。
ありがとうございます。

良い経験になりました。

by DesignRoomOT3 | 2012-04-05 19:48 | 設計室 | Comments(0)