金沢市消防出初式

ニュースでよく見る金沢市の消防出初式を初めて観てきました。

式典の後、まずは加賀鳶梯子登りの演技。
各分団の方々、この日のために相当練習を積んできたのだと思います。

自分が居た場所からは、すべての分団の演技が見渡せられませんでしたが、
たまたま目の前で演技されていた菊川分団の演技が際立って美しく感じました。
舞っている方もキマっていましたが、支えている梯子もびくともしないのです。
素晴らしいチームワークでした。
a0210340_17510313.jpg

















次は一斉放水。

いやぁ、寒いでしょう、冷たいでしょう…ご苦労様です。
住民の安心安全を守る心意気を感じられました!

そして、これは三馬分団が一位でしたね、放水の高さが(笑)

良いものを観させていただきました。
ありがとうございました。
a0210340_17454548.jpg




翠建築設計室
〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄ト1-22
tel・fax 076-289-2121


by DesignRoomOT3 | 2017-01-08 19:19 | みてきた | Comments(0)

所属している建築団体の日帰り研修会へ行ってきました。
行き先は、富山県氷見市と高岡市。

氷見市役所です。
建築雑誌などで取り上げられていたものの、いつでも行けるだろうと思いながらの初訪問。

廃校になった高校の体育館をリノベーションした庁舎。
既存の建築ストックを有効利用しようという単純明快な発想から始まり、
しだいに市民ぐるみの取り組みとなって、自分たちのための市役所を作り上げました。

a0210340_232449.jpg
建築的にもその工夫が随所に現れていました。
そして何より、働いている職員のみなさんの表情が明るい!

市長はお出かけでした。ニンニン。
あの書類の山が気になります・・・

a0210340_2315944.jpg

ご覧のとおり、外観は体育館のまま。

a0210340_232733.jpg

氷見の網元『濵元家』の見学。

a0210340_2321448.jpg

建築見学に行ったつもりが、定置網の仕組みについて学んだり(笑)
でも、それがまた勉強になりました。

最大360人?の漁師を抱えていた網元。
その当時は、漁師たちのまかないのための味噌汁の味噌づくりまでしていたそうで、
このお屋敷にはその味噌蔵や漁師たちの生活を支えてきた歴史がいっぱいでした。

a0210340_232140.jpg

高岡の山町筋へ。
伝統的建築物の修景も進み、特色のある町並みとなっています。

近くの金屋町とも違った印象が面白い。

a0210340_2321720.jpg


また訪れたい街です。

a0210340_2322047.jpg


毎年楽しみにしているこの研修会。
企画していただいた皆さま、ありがとうございました!

おとうさんの設計室
〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄ト1-22
tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム
■ 資料請求・お問い合せmailはこちら
■ 設計室のFacebookページ
 
by DesignRoomOT3 | 2015-10-16 23:51 | みてきた | Comments(0)

この前の日曜日(8/23)に、富士総合火力演習(そうかえん)を観てきました。

入場チケットの抽選が高倍率で有名な総火演。
実は毎年こっそり応募していたのですが、当たることはまず無いだろうと家族にもそのことは話さず、
当選発表のことも忘れていたある日...ポストに当選ハガキが入っており、緊急家族会議!!

急遽、富士山ツアーとなりました。
a0210340_2052178.jpg

戦車などの実弾射撃は想像以上の大迫力!
音よりも、撃った時に数百メートル離れている自分の服がなびくほどの衝撃波に驚きました。
そして隊員の皆さんの統制の取れた動き。すばらしい!
a0210340_2051648.jpg

もちろん、実際には起こっては行けないことですが、そのもしものために
これだけの訓練を日々積んでいるのかと思うと、心強くもあり感動しました。
a0210340_205965.jpg

自衛隊かっこいい!と喜んでいた息子達。
彼らが大きくなった時に、ここで見たことの意味をどう感じてくれるだろうか。
a0210340_2051251.jpg

おとうさんの設計室
〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄ト1-22
tel・fax 076-289-2121

■ 設計実例アルバム
■ 資料請求・お問い合せmailはこちら
■ 設計室のFacebookページ
 
by DesignRoomOT3 | 2015-08-25 23:00 | みてきた | Comments(0)

JAPAN ARCHITECTS 1945-2010

金沢21世紀美術館で開催中の『ジャパン・アーキテクツ 1945-2010』を観てきました。

日本建築史の1945年から2010年。
僕は1975年生まれ。

その前後で時間軸を捉えると、非常に興味深く面白かった。
いろいろ考えさせられる…

でも観覧時間2時間ではまるで足りない(汗)
会期は3月15日まで。
またギリギリ。できれば僕ももう一度(笑)

a0210340_2204635.jpg


おとうさんの設計室
〒929-0327
石川県河北郡津幡町庄ト1-22
tel・fax 076-289-2121

【オープンハウス開催します!! 2015年3月29日10:00~18:00】

■ 設計実例アルバム
■ 資料請求・お問い合せmailはこちら
■ 設計室のFacebookページ
 
by DesignRoomOT3 | 2015-03-09 22:25 | みてきた | Comments(0)

[谷口吉郎・谷口吉生]展

a0210340_17542079.jpg[谷口吉郎・谷口吉生]展
金沢が育んだ二人の建築家

会期ギリギリになってしまいましたが、見てきました。

実は先月、会期初日の記念討論会にも行く機会があり、谷口吉生さんと槇文彦さんのお話を聴いてきました。
『討論会』ということでしたので、「よし、勉強するぞ!」と結構気合を入れて向かたのですが、
全くそういう雰囲気ではなく、両巨匠の掛け合いが楽しくて楽しくて。
今でもまるで建築大好き青年のままなんですね(笑)
で、その日は時間が無くて、そのまま帰ってしまったのです...

展示の構成設計も谷口事務所がされたということですが、模型を中心とした展示は見どころ満載。
これはもう一度来たかったな。

明日までです!

by DesignRoomOT3 | 2014-12-20 18:23 | みてきた | Comments(0)

比叡山 延暦寺

a0210340_2017281.jpg今日は、所属している建築団体の日帰り研修で『比叡山 延暦寺』へいってきました。

まずは延暦寺の迎賓館である大書院の見学。
通常は非公開だそうです。

いろいろあって東京からこの地に85年ほど前に移築されたそうですが、
お庭と客間の関係や、そこに至るまでのアプローチから邸宅までの動線が、
ここにあるべくして設計されたようで驚きました。


a0210340_20173343.jpgその後、お昼に美味しい精進料理をいただき、境内を散策。


古い歴史のある建物は、建築的にも学ぶことが多く興味が尽きません。


ただ、最近はその建物が建てられた歴史背景などと照らし合わせながら、
どうやってこれまでの月日を歩んできたかを感じるのも、楽しみのひとつとなってきました。

by DesignRoomOT3 | 2014-10-17 23:19 | みてきた | Comments(0)

兵庫県立美術館

a0210340_21575354.jpg先日、神戸へ行った際に見学してきました。

設計は安藤忠雄建築研究所。


自分が今まで訪れた美術館・博物館の中ではかなり大規模なものです。
短い滞在時間では全体を把握しきれないくらいでした。

海側へせり出す印象的な大庇。
そして、おなじみの?大階段。

a0210340_21575837.jpg庇下へ。

美術館内部と海側をつなぐ緩衝空間のような役割があるのかと思い、
潜り込んでみましたが、そういう意図は無いようでした。

どちらかというと周囲に対しては閉じた印象です。

風のデッキ、海のデッキ、山のデッキなど、他にもいくつかの外部空間がありましたが、
美術館内部とつながるような構成では無く、もったいないような気もしました。

ただ、そのあたりの感覚は、地元の金沢21世紀美術館という積極的に周囲とつながる美術館の存在に
今ではすっかり慣れ親しんでいるため、そう感じるのかもしれません。
それと、空間にいろいろな意味を持たせ、隅々まで使い切りたい。という住宅設計者の性と。

a0210340_2158063.jpg円型テラス。

a0210340_2257556.jpg駐車場から美術館へ入る際には最初に通るアプローチとなります。

下から見上げた時の造形と光の落ち具合。
さすがの美しさです。

a0210340_2158470.jpg風のデッキ。
ここの先は庇下、大階段へと続きます。

何かイベント時に活用すると楽しそうです。




巨大な安藤建築。見どころがたくさん。
また機会があれば寄りたいと思います。

by DesignRoomOT3 | 2014-09-04 23:21 | みてきた | Comments(0)

a0210340_1872172.jpg6年ぶりに『キャンピングカーフェスティバルin北陸』ヘ行ってきました。


入場してまず現れたのが、エアストリーム!!

堂々たる面構え。
この鈍く光るアルミボディーはいつ見ても美しい。

前回見たトレーラーよりちょっと小ぶり。
それでも700万円ほど…


高級車。

a0210340_1872934.jpg気になったのはコレ。
地元のカーショップが展示していた『ジベター
エアサスでプシューっとタイヤが格納され、地面とほぼフラットになるトレーラーです。
主に移動販売車など商用利用を想定してのもののようですが、これは面白そう!
展示車両は出入口がリアハッチなのでキャンプ用途としては難しそうですが、
ドアタイプなら日本のように整備されたオートキャンプ場では使い勝手が良さそうです。

モニターも募集中とのこと。
僕の事務所にどうかと妄想…そのまま事務所ごと現場へ打合せに出掛けたり(笑)


それにしても今回のフェスティバル、自走式がほとんどでトレーラーはごくわずかだったのが残念でした。
僕が一番気になっているモデル『ハイマー Eriba Touring』を見てみたかったですね。

by DesignRoomOT3 | 2014-06-30 18:56 | みてきた | Comments(0)

小屋においでよ!

a0210340_196343.jpg金沢21世紀美術館で開催されている、中村好文さんの展覧会『小屋においでよ!』に行ってきました。
大好きな建築家の1人です。


昨年、東京の『TOTOギャラリー・間』にて開催されていたものの、予定が合わず見損なってしまい悔しい思いをしていました…
まさか金沢に来るとは!

a0210340_196915.jpgあのソファは座面が動き、ベッドになるんですよね。

そして、ダイニングテーブルの上にあるペンダントライト。
可動式のアームでぶら下がっているので、枕元に持っていきナイトランプにもなります。


そういう工夫にワクワクします。

a0210340_1961977.jpgレミングハウスOBの佐藤重徳さんがデザインの担当をしたストーブ。


すごく丁寧で、かわいいなぁ。

佐藤さん自身は結構強面なんすけどね(笑)

a0210340_1963163.jpg置かれている小物の配置も気持ちいい。

閲覧した設計図書にもしっかりと計画されていました。
『無印良品のカゴ×2』とか。

a0210340_1964714.jpgガルバ素地の雨樋。

端部の絞りがたまらないですね。


作業工程のVTRでも板金職人さんの作業風景が写っていました。
金沢弁を喋っていたようなので、こちらの職人さんなんでしょうか。

a0210340_1965816.jpg写真を撮っていたら、向こうの窓に見学に来ていた小学生が。

こんにちは。

かわいい。

a0210340_1974256.jpg期間限定ショップ『好文堂』にも立ち寄ってきました。

a0210340_1974641.jpg定番の?『R-Gauge』を購入。




好文堂は6月29日までだそうですが、展覧会は8月31日まで開催されています。
中村好文さんのわくわくする世界(小屋)を是非ご覧になってください。

今回、平日のため中には入れませんでしたので、僕もまた行きたいと思います。

by DesignRoomOT3 | 2014-06-27 19:44 | みてきた | Comments(0)

東京へ

a0210340_17232656.jpg3月7・8日と東京へ。


まずは東京ビッグサイトで開催されていた『建築・建材展』へ。
同時に開催されていた『JAPAN SHOP』と『LED Next Stage』も見学。

a0210340_17234359.jpg昼下がりの築地市場をぶらり。
祭りの後のような静けさ。


施設は移転できても、この時を積み重ねて形成された空気感までは持って行けないからねぇ...

a0210340_1724363.jpg東京駅周辺。


新しいものと、古いものと。
どこも時の積み重ね。

a0210340_1724570.jpgKITTEの屋上広場から。




いろいろ想いを巡らせて...
ちょっとナニかを得たような。

a0210340_17241313.jpg夜は新橋のガード下にて。
もつ煮込みが最高でした。




次回はスーツを着て来たいところですね。

a0210340_17241678.jpg翌朝は旅ラン。


皇居ランを初体験し、国会議事堂前にておなじみの自画撮り。
一緒に走った友人も巻き込んで(笑)

10キロ。

a0210340_17242821.jpg縁あってICUの長田直之さんが設計された集合住宅を見学。
閉じずに周囲の環境へ積極的に関わっていくというコンセプト。

一見、ガラス面が多いスケスケ建築かと思いきや、
そこは巧みな設計手法で外部との関係をコントロールされておりました。
さすがでした。

そして長田さんからは設計や現場での苦悩?などいろいろなお話もいただきました。
大変勉強になりました。

ありがとうございます。

a0210340_17243128.jpg代官山の『蔦屋書店』です。
設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ

a0210340_17243914.jpg街のスケールを体感するため、なるべく徒歩移動。

a0210340_17244330.jpg昨年の夏にも来た『根津美術館』です。


夏とはまた違った表情...
ということはあまり感じませんでした。

都会の建築はそういうところが難しいのかもしれません。
裏のお庭から見るとぜんぜん違うと思いますが、今回は少し立ち寄っただけでした。

a0210340_17244636.jpgそして乃木坂まで歩き、TOTOギャラリー間で開催中の『内藤廣展 アタマの現場』へ。


庁舎や体育館など、大きなプロジェクトのスタディ(思考の過程)の展示がメインでしたが、
僕はどうしてもその中に少しだけあった住宅作品が気になりました。
共感...と言うとおこがましいけれど、内藤さんのアタマの中を垣間見れたような気がして、ホッとしたというか、叱咤激励されたというか。
大御所建築家も当たり前のように悩んで手を練っているんだなと。
次元は違いますが...(汗)




以上、とても刺激的な2日間でした。
明日からまた頑張ります。

by DesignRoomOT3 | 2014-03-09 22:11 | みてきた | Comments(0)