MKI アナログな計算

a0210340_182547.jpg久しぶりに、木造軸組工法の『壁量』と『N値』という構造計算を手作業でしました。

会社勤めのときは構造計算ソフトでやっていたのですが、結構高価なソフトなのでさすがに導入に踏み切れず…

でも、この構造計算は簡易なものなので、コツコツやれば必ずゴールが見えてきます。
マラソンといっしょですね、問題ありませんでした(笑)

かえって初心に返れたようでよかったかもしれません。
あと、設計者の構造に対する考えを反映することができるのも良いなと感じました。

by DesignRoomOT3 | 2011-12-19 18:02 | 設計室 | Comments(0)